スタッフ紹介

オーナー/セラピスト:ともこ

ボロボロになった肌をなんとかしたい!とがんばってきた経験が今の私を築いています。女性はいくつになっても、女性らしさ美しさを大切にして欲しいです。
仕事の喜びはなんといってもお客様の笑顔です。
トリートメント後、お肌のくすみが取れたのをご覧になって、パーっと広がる笑顔を拝見すると、こちらまで嬉しくなります。こちらに通ってくださるお客様は、10代から90代までと幅広いのですが、90代のお客様は10年以上通ってくださっています。明らかに70代のときのお肌よりも、現在の方が若返っているのですが、「どうしてそんなに綺麗なお肌なの?とよく聞かれるのよ」とおっしゃる笑顔に、毎回元気をいただいています。

いつも私が言っているのは「遅いということはありません。必ず肌は再生します」ということ。「Never Too Late~人生に手遅れはない」がポリシーです。
何を始めるにしても、願ったことは、必ず叶ってゆく。お肌も手をかければかけるだけ、それに応えて必ず美しく変わります。心も同じです。
お肌が輝くことで、心までも輝きを放ちます。
楽しく、軽やかに、人生を謳歌するヒントやキッカケを与えさせていただけたら、とても嬉しく思います。

セラピストともこのプロフィール

  • 出身:沖縄県
  • セラピスト歴:20余年

子育てに専念した30代、ふと気づいてみると…。

いつまでも美しくありたいと願うのは、女性に生まれた私たちの永遠の望みであり、大きな悩みの種でもあります。私事ではありますが、二人の育ち盛りの息子を育てることに専念していた30代。ふと鏡の中にいる別人のような自分に気づきました。息子達と一緒に毎日浴びていたハワイの直射日光が、私の肌にとことんダメージを与えていたのです。
このままではいけない…危機感が私を後押しし、ダメージを受けた肌を再生させるための自己改革プロジェクトがスタートしました。
評判のコスメ、フェイシャルマッサージ、サプリメント、食餌療法、ありとあらゆることを試しました。 まさに自分を使っての人体実験です。

息子が作ったMurad(ミュラド)との出逢い

今を遡る1999年、ニキビで悩んでいた長男の為、TVのCMで見たMuradの商品を注文しました。それがMuradと私の初めての出逢いです。
届いたのはもちろんニキビ用の商品でしたが、自分で実際使ってみますと、これがとてもいい!角質除去作用があり、明らかにくすみが取れたのです。
それからはMuradの製品をことごとく試し、確信を得ました。私が求めていた “治療効果のあるスキンケア” はこれだ!ということを。

2002年、Dr.Muradご本人にお会いして

2002年は私にとって忘れられない年となりました。ハワイで開催されたセミナーで、Dr.Muradに初めてお会いしたからです。
また同年8月、翌年と、キャッスル病院でスキンケアの講演をされたDr.Muradの、フェイシャルデモンストレーションも勤めさせていただきました。屈託のない笑顔で「一緒にクッキーでも食べましょう」などとお誘いくださる、とても気さくなDr.Muradに、思わず緊張の糸も解けました。
2005年、LAで行われたミュラドのカンファレンスは、全米各州のトップサロンのみを招待するものでしたが、この時ハワイの代表として参加させていただきました。私がミュラドのメディカルスパにフェイシャルの予約しか入れていないことを知ると、「絶対にボディも体験してください」とその場でサロンに予約を入れてくだり、いつお会いしても変わらぬ優しさで接してくださるDr.Muradに感謝しています。

2004年、高次元のエネルギーであるマナとの出逢い

2004年11月、マナセラピーに出逢い、マナヒーラー(マナ能力者)となりました。
フェイシャリストとして、お客様のお体に触れる仕事をしておりましたから、人間は物質としての存在だけではない。人それぞれにエネルギー、波動といったものを持っていることは、実感として理解しておりましたので、マナという高次元のエネルギーの存在を知った時に、これは必ずセラピストとしての私に大切な能力となると、直感しました。そして、豊富なマナをお客様に与え流し込み、マナを自由自在に扱いながら、皮膚のみならず骨格から整えてゆく“マナフェイシャル”をスタートさせました。

copyright © 2013 Heart Skin Care Hawaii, All rights reserved